20代女子が目元をケアする方法は?読めばわかる目元美人になる秘密

見た目年齢を左右する重要パーツといえば目元。しかし目元ケアを始める年齢は比較的遅く、シワやたるみが顕著に現れ出す30代になってから始めるという方も少なくありません。ただ、悩みが現れてからケアするのは時間もかかりますし、すぐにシワやたるみがなくなるか、といったらそんなことはありません。
今からのコツコツケアが5年後10年後、必ず大きな差になって現れると思いますので、気づいたときからケアを始めてみましょう。今回は美容の観点から、理想的なケア方法をまとめてご紹介します。

目元が年齢を語る訳

目元は顔の中で最も見た目年齢を左右するパーツです。事実、目元にシワやたるみがあることで10歳以上老けて見えるという調査結果も出ているほど。

目元の皮ふはとても薄く、血流やメラニンの沈着、水分代謝など、肌内部の状態が反映されやすいパーツと言われています。角層が薄くバリア機能が低いため、外気の乾燥や生活習慣、加齢の影響をダイレクトに受けやすい傾向も...。さらに、パソコンやスマートフォンが普及したことにより現代人の目って酷使されていますよね。

知ってますか?目元は特別な構造です。

目元は皮膚構造が特殊で、他の部位に比べ、厚さが3分の1と非常に薄く乾燥しやすい箇所です。また、まばたき等により負担がかかりやすく、小ジワやたるみといった目元悩みが深刻化しやすいのです。
さらに、目元の皮膚は、他の部分と比べてヒアルロン酸の構成比が多いのが特徴。そのヒアルロン酸は年齢を重ねていくごとに減少してしまうので、結果としては目元はハリが不足し、たるみができやすいのです。若々しさを手に入れるためには、目元の専用ケアを取り入れることをお勧めします。

目元悩みの原因は?

目の周りは特に皮膚が薄く、乾燥しやすい部位のため保湿は欠かせません。年齢肌・紫外線・目の酷使・疲れ目などでも乾燥しやすいですし、これがシワやたるみなど目元の悩みの主な原因です。そのため、しっかりと保湿成分が含まれているアイクリームを選びましょう。

保湿成分の代表的なものは、ヒアルロン酸・プロテオグリカン・コラーゲン・ビタミンC誘導体APPSなどです。

覚えておきたい、自宅でできる目元ケア!

目元専用クレンジングはコットンでなじませる

目元専用クレンジングを選ぶ時は、肌に負担をかけない水性と油性の2層タイプのクレンジングがおすすめ。使い方のポイントは、専用クレンジングを含ませたコットンを、まぶたの上に数秒おきアイメイクとよくなじませてから、上から下へ向かってすべらせるように拭き取ること。手でゴシゴシとこするよりも肌への負担が少なくなりますよ。

アイクリームを塗りながらマッサージ

顔全体のお手入れの後にアイクリームをプラスすることで、目元の小じわやハリの対策を。さらに、目の周りを軽くマッサージしながら疲れた目元の巡りケアもできれば◎。力の入れ過ぎに気をつけて、優しくケアしましょう。

オススメ成分たっぷりのプチプラアイクリームを紹介します。

目元とまつ毛のご褒美 15g 680円

ヒアルロン酸・プロテオグリカンやビタミンC誘導体がしっかり含まれています。他のアイクリームと違うところは、マツ育ができるところです。目元悩みを解消しつつ、マツ育でさらにかわいく見えますね。詳細はこちら

週に数回のアイマスクで集中ケア

秋から冬の乾燥する季節には、目元専用のシートマスクも投入してみて。シートの密閉効果はスペシャルケアしてる♪ と感じられて充実感もUP。アイテムによって使い方は異なる場合もありますが、週に2~3回、朝は日中美容液の前に、夜はクリームの後に使用するのがおすすめです。

目元美人になる秘密のまとめ

像以上にダメージを受けやすい目元をそのまま放っておいてはいけません。
普段からアイクリームでケアをすることが大事です。目元の印象をよくすることで、自分に自信が持てますし、相手にもプラスの印象を持ってもらうことができます。目元をケアして若くカワイイあなたになりましょう!